EXPAT MEDICAL CLINIC    Tel.: +36 30 9141477 

1037 Budapest, Mátyáshegyi út 43.   expatmed@gmail.com    How to get there

  

Japanese

Swedish

Italian

German

English

French

Russian

Magyar

 

 

 

 

 

  私は、ティマール・ティボー医師です。ティマールが姓、ティボーが名前です。ハンガリー人の名前も日本と同じく、姓が先、名が後に来ます。

 

私は、このホームページを読んで下さる方のことを大切に考えていて、日本人の方のために日本語のものを作りたいと思っていました。これを読んで下さる方と知り合いになり、おつきあいしていくことは、私の仕事の中でのひとつの喜びです。そしてこうした方々が、診察の予約時間を守ってくれること、医師と患者の双方で納得した治療方法を守ること、友好的で礼儀正しい態度を取ってくれることについては疑いを持っていません。残念ながら私自身は、今まで日本語を学ぶ機会がありませんでした。私が知っている日本語の単語は、鼻、口、耳、おはよう、男の子、くらいです。

 

私の医療活動は広範囲の領域にわたり、ほとんどは私自身が行います。私が自分で診察または治療ができない問題については、同僚が行います。

 

私は1981年にペーチの医科大学を修了し、ペーチの小児科大学クリニックで働き始めました。3年後、ブダペストに移り住み、ヘイム パルこども病院で働き始め、そこで専門の小児科医になりました。その間に心臓科、皮膚科、脳神経学科、集中治療科、内分泌科、泌尿器科、胃腸科といった専門分野でも、3か月から6か月間働きました。小児科医として6年働いた後、今度は違う分野の勉強を始めました。耳、鼻、のどです。1990年に、成人と小児の耳鼻咽喉科の専門医になりましたが、この間いつも一般内科にもかかわっていました。というのは、自分が診察、治療できる病気ではないからといって、患者を追い払う医師にはなりたくなかったからです。

 

1993年に個人のクリニックを開業しました。当初の予定としては、そこで1回1時間、週2回だけ働くつもりでしたが、すぐに、これはとうてい無理だということがわかりました。予想をはるかに越える患者がクリニックに診察に訪れ、また、往診を希望する人もいたからです。3年後、妻と私はこのままの状態では無理だと判断して、私は病院の仕事を辞め、エクスパット メディカル(Expat Medical) を創設しました。以来、私は個人の開業医としてのみ働いていますが、今でも以前働いていた病院で、手術をすることもあります。

 

私の患者の多くは、ハンガリーに住んでいる外国人です。多くの日本人が、予防注射をするためにアメリカンスクールから紹介されてきます。日本では必要のない種類の予防注射が、アメリカでは必要とされているからです。ほかにも例えば、おむつかぶれから高血圧、難聴、または小さな手術が必要なけがまで、いろいろなことで診察を求めてやって来ます。

 

また、ハンガリー政府やその他の機関の手続きに必要な健康診断のため、病気でない健康な人の診察もします。現在の規定では、すべての外国人が居住許可証のために、HIV(エイズ)の検査やその他たくさんの検査を、多くの場合滞在1年後に受けなければなりません。私のところでは、これらの診断や血液検査を、依頼者の自宅や職場で済ますことができ、必要な医療診断書を10分以内で渡すことができます。こういった健康診断を以前受けたことのある人ならば、どのくらい時間がかかるものかおわかりになるでしょう。そしてこれに費やす手間と時間の違いは、重要なことだと気づかれるでしょう。そのほか、運転免許証や労働許可証取得のための健康診断書も作成します。

 

もし私自身では治療できない医学上の問題や入院の必要がある場合には、適切な医師や病院の紹介をします。私には、一緒に働いているあらゆる医学分野の同僚がいます。その医師のことを私は個人的にもよく知っていて、私が紹介した患者をいつもうまく治療しています。

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。もう少し先を読みたい方は英語またはドイツ語のページを開いてください。